NEWS

メフィストフェレス 伝説のジャパニーズ・ヘヴィ・メタル・バンドMEPHISTOPHELES待望のニュー・アルバム『Hide and seek』本日発売!サウンド・プロデュースを手掛けたJill岡垣からコメントも到着!

伝説のジャパニーズ・ヘヴィ・メタル・バンド、MEPHISTOPHELES(メフィストフェレス)の、完全復活宣言の証となる待望のニュー・アルバム『Hide and seek』(ハイド・アンド・シーク)が9月26日に遂にリリースとなった!

MEPHISTOPHELESは1984年結成、80年代ジャパニーズ・メタル・ムーヴメントの最後の砦と云われ、多数のメディア、ユーザーから注目を浴びたが1987年に解散の道を辿る。
2001年に突如として復活を遂げた彼らは、バンドとして初めてのアルバム『METAL ON METAL』をリリース、同時にメジャー・デビューを華々しく飾った。その後、2007年に再始動LIVEで一時復活、2015年には『devils on metal revitalized』をリリース。多くのファンが本格的な音楽活動を期待する中、遂にニュー・アルバムの制作に着手、約3年振りとなるニュー・アルバム『Hide and seek』を完成させた!

現在のメンバーはバンド・リーダーを担うカリスマ・ヴォーカリスト“ROB”こと梅原一浩、実力派ギタリスト梶谷禎、元GALNERYUSで再結成TERRA ROSAにも参加したスゴ腕ドラマー佐藤潤一に加え、サポート・ギタリストにLa’cryma ChristiのHIRO、サポート・ベーシストにSilex、SABER TIGER、ALHAMBRAのhibiki(B)を迎えたMEPHISTOPHELES史上最強のメンバー。

収録曲は書き下ろしの新曲をメインに、MEPHISTOPHELES代表曲の最新セルフカヴァーを加えた全7曲。

ゲスト・ヴォーカルにlynch.の葉月を招聘、ROBとのアルバム初共演を果たす!
さらにサウンド・プロデュースにはTERRA ROSA、APHRODITE、Jill’s ProjectのJill岡垣を迎え、ダイナミック且つ緻密なサウンドを構築。ジャパメタ界の重鎮が最高の音像に仕上げた。

僕は、ジャパメタというジャンルを通っていません。
今回は 長年の付き合いになるVoのRobと会って話をしているうちに、いつのまにかサウンドプロデューサーという立場で参加する事になったわけですが(笑)、レコーディングやミックスにおいて私のアイデアも楽曲に反映されており、前2作で培ったヘビーでスピーディなサウンドは継承されつつも、よりモダンに、よりソリッドに仕上がった今回の『Hide and seek』是非多くの皆さまに大音量で聴いて頂き、その凄さを体験してほしいですね。

Jill 岡垣

タイトル曲「Hide and seek」MVフル・ヴァージョンも公開されているので是非みてほしい!

<商品情報>
2018年9月26日リリース

MEPHISTOPHELES(メフィストフェレス)

『Hide and seek』
(ハイド・アンド・シーク)


KICS-3746/¥2,500+税
詳細はこちら


MEPHISTOPHELESレコ発ツアー“Hide and seek”

10/7(日)池袋手刀
10/12(金)名古屋ell.SIZE
10/13(土)大阪SHOVEL


2018.09.26 UPDATE

RELATION関連リリース情報

INFORMATIONインフォメーション