NEWS

ジョニー・ジョエリ ハードラインなどでの活躍したヴォーカリスト、ジョニー・ジョエリが初のソロ・アルバム『ワン・ヴォイス』を11月28日発売

ジャーニーのギタリスト、ニール・ショーンと共に結成したメロディック・ロック・バンド“ハードライン”のデビュー・アルバム『ダヴル・エクリプス』で圧倒的な歌唱を披露し、その才能を開花、瞬く間に一流ロック・ヴォーカリストの仲間入りを果たした、ジョニー・ジョエリが長い音楽キャリアの中で初となるソロ・アルバム『ONE VOICE』(ワン・ヴォイス)を11月28日にリリースする!

短命に終わったハードラインだが、その後ドイツ人ギタリスト、アクセル・ルディ・ペルや日本人ギタリスト、瀬上純との“SONS OF ANGELS”“CRUSH 40”などでの活躍がジョニー・ジョエリの評価を着実に上げてきた。

ニール・ショーン不在ながら自身を中心にハードラインを復活させ、断続的ながらアルバムのリリースを続け、耳の肥えたメロディック・ロック・ユーザーを虜にした。最近ではハードライン時代の盟友でジャーニー、レヴォリューション・セインツでの活躍も目覚ましい実力派ドラマー兼ヴォーカリストである、ディーン・カストロノヴォとのニュー・プロジェクト“ジョエリ・カストロノヴォ”名義でのアルバムが非常に好評価を得てさらなる人気を博している。

そんな充実な音楽活動期間を経て、万全のタイミングでお届けするのが本作。
ジョニー・ジョエリのヴォーカリストとしての才能、実力を最大限に発揮した自身の音楽史の集大成とも云える初のソロ・アルバムだ。
タイトル『ワン・ヴォイス』の名前の通り、唯一無二の声を存分に聴かせてくれるメロディック・ロックの名盤の登場だ。ややハスキーなヴォーカルは中低域からハイトーンまでを自在に操り、情感溢れるパワフルなヴォイスが素晴らしい魅力を放っている。疾走感たっぷりの爽快メロハー、極上なミディアム・チューン、熱く歌い上げるバラードまでヴァラエティに富んだメロディック・ロックの傑作は揺ぎ無いヴォーカリスト“ジョニー・ジョエリ”の代表作となる事だろう。

<商品情報>
2018年11月28日リリース

Johnny Gioeli (ジョニー・ジョエリ)

『ONE VOICE』
(ワン・ヴォイス)


KICP-1957/¥2,600+税
日本盤先行発売/日本盤ボーナス・トラック1曲収録
詳細はこちら


2018.11.6 UPDATE

RELATION関連リリース情報

INFORMATIONインフォメーション